コレカラが詐欺かもしれないというのは大きな間違い?本当に詐欺か確認している人は少ない?!

今注目しているビジネスがあります。

それがこのサイトのタイトルにもなっているコレカラというビジネスです。

手軽さと始めやすさだけでなく収入や初期費用も魅力的なビジネスですが、ネットビジネスという事もあってか詐欺というような声も確認できます。

ただ、これは間違いだと思っています。

今回はコレカラが詐欺なのか、詐欺では無いと感じる理由なども合わせて紹介して行きます。

 

コレカラというビジネスの詳しい詳細については以前作成したまとめ記事にて内容を確認してみてください。

下記から見れますので是非チェックしてみてはいかがでしょうか。

コレカラについてはコチラから!!<<

コレカラが詐欺というのは本当?真実では無い?!

まずそもそもの話になりますが、ネットビジネスは詐欺ではありません。

ネットワークビジネスと名前が似ていますが似て非なるものです。

ここを勘違いしている方が結構いる印象を持ちます。

コレカラはネットビジネスであってネットワークビジネスではありません。

人的ネットワークつまり人とのつながりを使って商品を販売、紹介するというのがネットワークビジネスです。

一方のネットビジネスはインターネットを使って作業を行うビジネスを指します。

インターネットを使って作業するのでスキマ時間を使っていつでもどこでも作業が出来ます。

コレカラはネットワークビジネスではありませんし、詐欺的な要素があるわけでもないです。

安心して挑戦できるビジネスだと思いますので気軽に挑戦してみてはいかがでしょうか。

詐欺という情報があってもそれが真実とは限らない!ネットには憶測で書き込みをしている人も沢山いる?!

ネットは自由に書き込みが出来るので自分の思想や意見を知ってもらうために書き込みをしている人もいます。

それはそれで良いのですが、それが事実とは限りません。

例えばネットビジネスの場合だと「ネットビジネスは全て詐欺や怪しいものしかない!絶対に損をするからやめた方が良い!」とネットに書いてあったとします。

書き込んだ人の素性はわかりませんが、もしかすると過去にネットビジネスで失敗してしまったのかもしれませんし、詐欺や怪しいビジネスというものの被害に遭ってしまった人なのかもしれません。

なのでネットビジネスに注意するのが良いですが、全てのネットビジネスが詐欺ではありません。

ネットビジネスでしっかりと稼いでいる人もいます。

つまりはネットビジネス良いものもあれば悪いものもあるという事になります。

そのためこの書き込みは事実ではないという事がわかるでしょう。

インターネットは誰でも自由に書き込みが出来る分譲歩の信ぴょう性にブレがあります。

本当のことを書いている人もいれば、イメージや印象などが先行していたり思い込みがあると結果として虚偽の情報をネットに書き込んでしまいます。

しかも本人は虚偽の情報を書いているとは思っていないので非常に厄介です。

こういった情報を見て安易に判断しないようにしてください。

コレカラについても詐欺という情報が出てくるかもしれませんが、それが事実なのかは調べてから判断しましょう。

詐欺って情報はドコカラ?情報源を調べれば信ぴょう性はある程度分かる?!

ネットビジネスでは「○○ビジネスは詐欺なので辞めたほうが良い!」「詐欺の可能性が高いからおすすめできない!」という情報が出てくることがあります。

コレカラについて詐欺では無いかとネットに書き込んでいる人はいるようですが、正直情報源がどこなのか提示していませんので参考にはならないと思います。

インターネットは誰でも書き込みが出来るので便利な反面情報が正確なのかについてはしっかりと確認しないと痛い目をみます。

特にネットの意見が主観的なものなのか客観的なものなのかについては必ず確認するべきです。

情報元がしっかりと明記されているならまだしも、そういった情報が全くないのに詐欺であるという書き込みをしている人もいます。

こういった情報を信じてしまうと危ないビジネスを勧められたりすることもあるので危険です。

詐欺という情報を見かけた際には情報元がどこなのか確認してから信用するのが良いでしょう。

詐欺かもしれないと気になると集中出来なくなる!そんな時は運営に連絡して確認しよう!!

コレカラについては詐欺の可能性があるかもしれないと思ってしまう人もいるでしょう。

アフィリエイターたちの情報操作に騙されてしまう方も中にはいるので仕方ない事ですが、本当に気になるなら運営に確認してみるのが良いでしょう。

自分なりに質問をまとめて運営に相談することでスッキリするでしょう。

不安な気持ちで作業をするのは良くないです。

詐欺かもしれないという感情は行動を抑制したり、集中力をそいでしまいます。

コレカラについてはそれほど作業が大変だとか難しいという事は無いと思いますが、作業を出来るだけ短時間で効率よく行いたいなら集中するのが一番です。

とはいえ人間ですからどうしても不安になります。

詐欺かもしれないという感情が出てきてしまったという場合は運営質問をして解消するのもアリだと思います。

是非試してみてください。

コレカラに関する詐欺被害はあるのか?ネットにはそんな情報はどこにも無い?!

そもそもコレカラが詐欺だと思っている人はどこからそのような情報を得たのでしょうか。

ネットで「コレカラ 詐欺」と調べても詐欺被害に遭ったというような情報は出てきません。

頭の良い人はここで気が付いたと思います。

実は詐欺情報なんて無いのではないか…..

正直ネットビジネスは詐欺というイメージが定着しているのはアフィリエイターによるところが大きいと思います。

詐欺の被害情報が出ていない時点で詐欺であるという根拠はどこにあるのでしょうか。

結局のところ憶測ですし、推測の域を出ないのであれば何も怖がる必要は無いでしょう。

詐欺であるというイメージが大きな原因になっているのではないかと思いますので心配せずに挑戦してみるのが良いのではないでしょうか。

詐欺だと書いているサイトの本当の狙いとは?意外と引っかかる人が多いから注意!

実態が無いのに詐欺だと書いているサイトはアフィリエイト目的で作成されているので注意が必要です。

こういったアフィリエイターは詐欺だと書くことでサイトのアクセスを集めるのが目的です。

最終的にはアフィリエイターがお勧めするビジネスに誘導されるケースが多く、コレカラも詐欺だと書いているサイトが最終的に別のビジネスやLINEへの登録を促しているのが見受けられます。

こういったサイトを作る理由としてはアクセス集めと個人情報を取得するのが目的だと思います。

最近はこういったアフィリエイターたちが増えており、LINEなどから個人情報を入力させようとする事例もあるという話は結構有名です。

親切心で詐欺であると告発している人がLINEへの誘導をするはずが無いことはちょっと考えればわかります。

また、複数のネットビジネスに関する批判をしているというのも正直おかしいです。

作成には時間もお金もかかるのに何でそんな事をするのか?

アフィリエイターは最終的にアフィリエイト報酬を手に入れるためにそういったサイトを作っているんです。

意外と知らない人も多いですが、詐欺だと主張するアフィリエイターはちゃんと調べている人がほとんどいないです。

ちょっとでもサイトを見ている人を不安に出来ればアフィリエイターの術中にハマっています。

賢い人はそういったアフィリエイター手口に騙されないですが、ネットの知識が無い人は結構引っかかります。

悪質なアフィリエイターに注意してください。

詐欺や危険と言ってる人は実際挑戦すらしていない?!

基本的にネットで詐欺とか怪しい言っている人たちは自分で実践しているわけでは無いです。

実際にやってみた結果をレポートにしてまとめているならまだしも実践もしていない状態で詐欺と言う断定をしてしまうのは非常に無責任だと思います。

本当に稼げるビジネスでないなら保証なんて付けられなと思いませんか。

もしも稼げないのに保証を付けたら返金ばかりで運営会社も全く儲かりません。

つまり保証を付けているという事はそれだけの成果が期待できるという事の表れではないかと思います。

これを見てもまだ詐欺だとか稼げないと言っている人がいるなら保証を付けている理由やサポートがあるという点を見ていない可能性もあるのではないでしょうか。

詐欺と言うイメージや印象でしっかりと内容を確認していないと実践もしていないのに詐欺と言うサイトを安易に信用してしまい、結果損をすることになるでしょうから注意してください。

本当に詐欺なのかという点はちゃんと見極めましょう。

ネットビジネスには詐欺もあって注意も必要だけど見破ることが出来ればなんの問題も無い?!

ネットビジネスには危険なものもありますが、詐欺かどうかを見極めてしまえば問題は無いです。

もちろんそれを判断するためには色々な情報を集める必要がありますし、チェックも欠かせません。

ですが、詐欺ビジネスには特有の特徴や傾向もある為判断がしやすいと思います。

詐欺ビジネスがどういったものなのかをしっかりと勉強すると詐欺に引っかかることなくちゃんと良いビジネスに挑戦することが出来るでしょう。

その際重要なのが諦めない事です。

調査が不十分だと怪しかったり詐欺では無いかと思ってしまいやすいです。

またそういった中途半端な状態で調査を辞めて諦めてしまうと良いビジネスには出会えません。

きちんと自分が納得するまで調べてから挑戦してみてください。